ソーシャルファイナンス株式会社は、東証マザーズ上場 株式会社フィットのグループ会社です。

マイページ

フィデューシャリー・デューティーに関する取り組み方針

ソーシャルファイナンス株式会社(以下、「当社」と言います。)は、「日本のホスピタリティを、金融資産に」をキーフレーズとして、高い職業意識の維持と変化し続ける経済環境への柔軟かつ迅速な対応を追求し、お客様のニーズに合わせた最高水準の金融商品・サービスのご提供を行うべく、以下の取り組みを実践いたします。
なお、弊社は、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」の7つの原則全てについて、採択をしております。

「フィデューシャリー・デューティー」とは、他者の信認に応えるべく一定の任務を遂行する者が負うべき幅広い様々な役割・責任の総称をいいます。

  • 「お客様目線」での商品開発及び情報提供、サービス対応・お客様個々の事情や環境、ご方針を十分に把握し、お客様のニーズにあわせた商品開発とご提案をいたします。
    • お客様の安定的な資産形成に資する商品開発と既存商品の見直しを徹底し、常に最高水準の商品をご提供する態勢を整えます。
    • お客様の意思決定に資するよう、商品の特性やリスク・弊社が受領する私募取扱手数料他報酬の額及びその対象となる業務の詳細や市場環境などをわかりやすくご説明し、明確で誤解を招くことのない十分な情報提供に努めます。
    • お客様に投資・運用いただいている商品の状況については直接のご面談によるご説明のほか、弊社ホームページの専用サイトを含む様々な形で随時ご確認いただけるよう、お客様にとっての状況把握の利便性と商品の透明性を高めます。
  • ガバナンスの徹底
    • お客様への商品のご提供及び新商品開発に係る意思決定は、プロセスの透明性と評価の客観性を常に意識し、コンプライアンス部門の強化を含め社内審査手続の充実を図ります。
    • 利益相反取引について「弊社、弊社役職員または他の取引関係者の利益とお客様の利益が相反するおそれのある行為または取引」・「他の顧客の利益とお客様の利益が相反しうる行為または取引」を「利益相反のおそれがある行為又は取引」と定義づけ、契約手続きの都度社内にて当該利益相反の恐れがある行為又は取引の有無の検証を行い、必要な場合にはかかるおそれを解消するための措置を施し、又はお客様への十分な情報提供をしてその同意をいただくなど、適切な管理を行います。
    • 弊社お客様への投資募集等は弊社からお客様への直接販売を旨といたしますが、他社に委託する場合には、当該取扱に関して、弊社の取組方針に同意することを条件といたします。
  • 高い水準の専門性の維持・社内で定期的に研修を行うほか社外研修も積極的に活用し、全役職員のプロフェッショナルとしてのスキルとマインドの向上を追求します。
    • 研修その他様々な動機づけを行い、全役職員がフィデューシャリー・デューティー遵守の意識を共有し、実践する文化を定着させてまいります。

制定:2018年5月